HOME > 体験談 > 過去の体験談1> 過去の体験談2 > 過去の体験談3

過去の体験談3

Voice

今使っているレメディのレポートのレポートです。
  大きなトピックスはないのですが、前のレポートで書いた微妙な停滞状態から新しいシフトへ自分を持っていくため前と同じフジザクラのレメディを使っています。シロバナタンポポとのコンビネーションなので先祖供養の意味もあるのでしょう。

あと停滞状態のダメージから回復していくためにワイルドフラワーレメディの五種類のコンビネーション、後それとは別の頭脳、精神、感情のバランスのとれた状態に戻っていくためにアーモンドのレメディをのんでいます。モモ、ナギナタコウジュのコンビなのでこれも供養系のものだとおもいます。後肉体、精神レベルのクリーニングの為にオーラクリーニングをそれぞれだいたい2滴2回を目安にのんでいます。そのせいか今すごく眠くて寝れるときは一日中寝ているときもあります。これもなんどかの停滞期間をへて新しく変わる時期だからなんでしょうか。

あ、後睡眠前にはパシフィックのデスカマスを2滴ぐらい飲んでいます。後ソウルスターもかな。後遮断のエネルギーか、微妙なバランスがとれていないせいか、よく吃音や金切音とかの幻聴がかなりきこえててちょっとつらいです。 今はとにかく自分の悪いカルマやパタ―ンを変えていきたいと思います。

【purification on a glacier/alaskan flower Essences】

浄化のエッセンスは多岐にわたりあるのでここではアラスカンフラワーエッセンス、その中でも氷河を中心に書いていきます。浄化にはいろいろな種類がありますが、アラスカンフラワーエッセンスはそれが変容のものでも、グラウディングのものでも、文字どうり浄化のものでもオーラ、ハイヤーセルフ、魂のあらゆる領域からの純粋な強い力で働きかけ、未来へ向かっていく力や指針、護りをもたらしてくれます。そして、あくまで魂のもっともセンチネルなものからの働きが強くでていると思います。魂が持つ志向性や、受動性、一番判りやすい言葉だと感受性と感性、その両方からの、それぞれの関係と共に潮が満ちていくように、オーロラの光が微妙に変わっていくように。氷河に閉じ込められた氷の遠い昔からの変容のプログラムのように。そして、海と太陽が手を取り合った何処か遠くへ行くように。

それは純粋さとやさしさで浄化と変容の時期を教え、その純化するヒーリ-ング波動の中にある多様性により護ってくれるでしょう。 アラスカンフラワーエッセンスには文字どうり浄化(ピュアフィリケーション)と守護(ガ-ディアン)のコンビネーションスプレーがあります。 すべての氷河のレメディは浄化や変容をとうして魂が未来へ向かっていくもの本来の導きと力と護りー文字どうりセンチネルなレメディとして。


《ポーラアイス》
●北極点近くの氷から作られたエッセンスです。トランスフォーメーション(変容、人生での脱皮)を助けてくれるエッセンスの中で重要なものです。トランスフォーメーションの際には、時間や変化が微妙にしか起こらず、あせらずに待っていたほうがいいときがあります。先のことをあれこれ考えたり期待したりせず、「じっと現在にとどまる」ことを助けてくれます。
 
ポーラアイスは自分に対しては時間や変化が微妙にしか起こらない・・・・・という中の気持ちを落ち着かせてくれると同時に、落ち着かせてくれる理由としての、そのポーラアイスを自分が使ったことによる微妙なセンチネルな部分でのを克明に教えつづけてくれるというイメージがしました。後自分の内的な変化がダイレクトに起きないという感情のヒーリングから、自分の感性に中心に対して起こるショックに対する苦痛を我慢するという感情と共にやわらげてくれる、我慢するということによって先に進むことができるという意味でのヒーリングを与えてくれました。後、時間や変化の微妙な段階での進む過程の中でのそこから生まれる感情やショックに対する柔らかな浄化も。


《ポーティッジ・グレイシャー》
●アンカレッジ南方にある、ポーテージ氷河の、強力な浄化のエネルギーを持つエッセンスです。私たちが人生で不必要となったエネルギーを、体から開放してくれます。全身のエネルギーの流れを再活性化し、バランスをとることを助けてくれます。

〜コンビネーションででたレメディ ホースティル、ホワイトファイアーウィ-ド〜

ポーティッジグレイシャーは人生の中で不必要となったエネルギーを、体から解放し、エネルギーを再活性化し、バランスをとるというとうりに、コンビネーションでてた二つのレメディーホワイトファイアーウィ-ド、ショックの後。深い、感情的なトラウマや傷を開放してエネルギーを浄化するレメディとホースティル、コミュニケーションと右脳と左脳のバランシングと関連して、全体のヴァランス、奥深いレヴェルからの浄化ーそれは感覚、感性のものからホースティルとのコンビネ-ションが現すようにコミュニケーションのトラヴルによる感情のショックまでーが行われ、そして、その時期の停滞期から新しい段階へ進ませてくれた。今も感覚面や純粋な、根源レヴェルからの浄化とヒーリングが必要と思うときは飲んでいます。


《グリーンランドアイスクラップ》
●アイスランド氷原で、太陽エネルギーが射し込む氷河の水から作られました。その場所は、二つの大陸プレートがぶつかるところで、このエッセンスは強力な「変化」のエネルギーを有します。このエッセンスは、私たちが内面で深い脱皮(トランスフォーム)を経験している時に、柔軟に変化を受け入れ、また自分が支えられているという感覚が持てるよう、助けてくれます。

〜コンビネーションでてたレメディジーニア、デイジィ〜
このレメディはクラガとクリスタルハーブのコンビネーションと同じ時にでたレメディでクラガと同じ変容のためのレメディなんですが、共にでたブッタフィールドのレメディと共に昔忘れていた、或いは変容の時期で忘れていた無邪気な心ややさしさなどを思いだささせ、クラガのダイレクトな変化と微妙に関りながら、もっとやさしく変化していくという感じでした。後、このコンビネ-ションではまた自分が支えられているという感覚が持てるよう、助けてくれるという意味のようにグランディングとは別に自分が感情的な激しさ悪影響にとらわれずにやさしげな気分で自然に人とのコミュニティの場へでることを助けてくれました。

〜ピューアフィリケーションとガ-ディアン〜
ピュアフィリケーションは文字どうり純粋なグラウンドでの浄化で場所、オーラ、魂さあらゆるレヴェルを純化してくれるという感じがしました。オーラスプレ-みたいに供養そのままのようなシフトではなく、もっと純粋な魂の動きにまとわりついてくる様々な悪影響などに対しての浄化として。そして、ガ-ディアンはもっと使う時間や用途が広く、浄化を行うことによって新しい護りのフィールドを作るという感じです。これらはFESのクレンジングや、オーラスプレーの防御と・・・・のスプレーがもたらす浄化とは違いどちらかと言うとバッチフラワーレメデイ-のクラブアップルやホリーをスプレーにしたのにちかいかもしれません。ということはある領域ではどちらかがなくても浄化が行うことができるアタッチメント性も二つのレメディではあるということになると思います。 だいたいの区別だとクラブアップル→ピュアフィリケーション、ホリ→ガ-ディアンみたいな感じです。

アラスカンフラワーエッセンスは氷河のものもふくめそ純粋なやさしさで浄化と変容の時期を教え、その純化するヒーリ-ング波動の中による浄化や変容をオーラ、感情、魂すべてのぶぶんで未来に向けておこなうセンチネルなレメディだとおもいます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


【wild flower Essences and dill】

浄化のエッセンスは他にも沢山使ったことがありますが(ヒマラヤエッセンスーオーラ-クリーニング、FESーチャパラルなど)後アラスカンエッセンスとは他に特に印象に残ったワイルドフラワーエッセンスのアンティセーティプティク・ブッシュとアマゾンエッセンスのイルカ(dill)について書きます。


《アンティーセプティク・ブッシュ》
キーワードー妥協、悪影響、取り乱し、無力
回りの環境や長期に渡って自分自身に蓄積されたネガティブな影響から自己を浄化する。重大なことには決して妥協せず、自己の内面に集中することにより、人生の様々な局面に耐えることができる。自分の内なる本質を維持できるようになるので、ネガティブな悪影響を追い払うことができるようになる。

〜コンビネーションでたレメディ、ワトル、ブラウンボロニア〜

このエッセンスも自分のセンスの部分での浄化をもたらしてくれます。ですが純粋でパワフルな感じ、あるいは本当にクリーニング、カルマ的な汚れ、汚染をクレンジングしていく感じではなく、もっとセンシブティな場所から、自分自身の心、魂、ハイヤーセルフの感性に倣うものとしての浄化を行ってくれます。そして、長い時間にわたる感情から精神、魂の奥深い部分までのショックや、悪影響を穏やかにセンシブティな感じで汚れを取り除いてくれます。ですがこれはFESのような強力なクレンザー的な浄化ではなく、どちらがヴエストというわけではなく、どちらかというと本当に魂とセンシティブな関係をもって癒していってくれます。これもセンチネルなレメディだと思います。

そして、このレメディ-は今コンビネーションで自分が使っているのでが自分の状況ー自分も長い間いろいろな、深い悪影響を受けていたのでーや、コンビネーション、タイムリーなものとしてヴェ-シックなセンシブティ的な働きと、それよりもっと精神、スピリットからの奥深い部分からの浄化、センチネル的な浄化をもたらしてくれていると思います。肉体的には始めて自分の肉体の臍の下の部分から波状化と癒しのやさしい波動がわきあがってきているという感じです。個人的には自分のレメディと対応している肉体の器官が悪いものを出していくような痛みを出すことはあったのですが、このような感じで、奥の部分から波動がわきあがってきて行くという感覚は始めてで、本当にレメディとは花、クリスタルなどの波動でそのはどうは体のほとんどが水である人間の僅かな数的のエッセンスで波動がつたわり癒していくということを、フラワーレメディ-に対するさらに新しく深い認識を自分にもたらしてくれました。


《イルカ(dill)》
これはアマゾンエッセンスの中でも有名なレメディで、すべてのチャクラを開きながら浄化や様々なやさしい贈り物をしてくれるというエッセンスでクジラ(whale)と対になっています。自分が使った感想は文字どうりチャクラが穏やかに開いてくるという感覚で、そして、同時に本来自分が持っていた感覚をフレキシブルな蘇りのエネルギーとして、そして、新しい出会いや、知識、エネルギー、ウェーブを自分に与えてくれて、人とのコニュニケーションによるハーモニーをもたらしてくれるような感覚をもたらしてくれました。同時にまだ使っていないクジラ(whale)のエッセンスのチャクラを強力に開いていくという強い力のイメージや、ヴィジョン、そして、感覚まで感じさせてくれました。後、本格的なヒーリングクライシスを感じたのもこのエッセンスが始めてで、本当に飲むと眼が回るような感覚があり強いグラウディングのレメディをとらないとだめだと思いました。それに外出の前は控えたほうがヴェストかなと思いました。これはレメデイの意味のとうりに強力なレメディだと思いますがヒーリングクライシスの部分は自分自身の感覚でのことなどで指針として・uネ瓩蕕┐討、い討・世気ぁ・韻疋ぅ襯・離謄⑤好箸暴颪・譴討い襪茲Δ肪躇佞靴董▲。璽螢鵐哀謄好箸覆匹任④舛鵑鳩廚辰燭蝓△④舛鵑箸靴謄哀薀Ε妊ぅ鵐阿離譽瓮妊・鯀、鵑任い燭曚Δ・匹い隼廚い泙后8綸甜・函・蕎陝▲。璽蕕砲箸錣才諭垢憤⑰洞繊▲┘優襯・爾・蕕両・修繁標罎鮃圓辰討・譴泙后・修譴魯。璽薀・蝓璽縫鵐阿筌・薀屮▲奪廛襪澆燭い幣・修垢襪箸いΔ海箸世韻任覆・修両・修離┘優襯・爾・標罎離凜.螢△砲覆襪箸いΥ兇犬任后・・w)w)w)w)w)w)w)7月から自分の使ったレメディのコメント


七月上旬ー
アラスカンフラワーエッセンス・・・・トラベルイース、マウントフジフラワー・・・・リンドウ、シャクナゲ。オーストラリアブッシュ・・・・リレーションシップ

トラヴェルイースは自分のその時点のパラダイムから次のパラダイムへのトラヴェルをもたらしてくれました。そして、マウントフジのエッセンスは喜びによる浄化という自分の内面から良い波動を出すことにより浄化するという状態をもたらしてくれ自分のデザイナーの仕事、他の仕事、精神面、カルマ的なもの多岐に渡って新しいシフトへのトラヴェルの状態をもたらしてくれました。そして、リレーションシップは文字どうり人とのリレーションシップにすごく良い働きかけをしてくれて、同時にそれは人と人の輪を作り上げることの喜びと大切さを教えてくれました。後自分の感覚的なものだと人と人の絆を大事にすることによって、可能になっていくことにつれ供養的なエネルギーも持ってくれたみたいです。だからこのレメディを使い始めてからすぐ味が純粋な草の味に近づいていったんです。

同時にクリエイトの為クレマチスやそれにクラガ、ブルードラゴン、ハイドゥンスプレンダ-というヒマラヤエッセンスの強力な覚醒のエッセンス、浄化とありがままの自分の視線を持つという意味と、混乱している自分をやさしく整えていく(不眠のためにも)クラブアップル、チェスナットバット、ホワイトチェスナットのコンビネーションを使っていました。そして、今までのレメディにより現れてきた自分本来の覚醒を調整、実現化する為にアーモンドのコンビネーションエッセンスを主に使っていました。

八月上旬ー
バッチフラワーレメディ、セラトー。アラスカンエッセンス、ガ-ディアン。マウントフジ、オーラスプレー

この時期は自分にとってシヨックの根本的な原因が強くでていた時期で、その因みと襲われる中で決して虜囚にならず自分の本来の感性ーこの時期には日常的なものはクリアしていたのでークリエイションへの力、センスを損なうことなくだせる為にセラトー、そして、浄化と護りの為にガ-ディアン。ある意味霊的な物からの護りですが。そして、文字どうり供養の為のーお盆もちかかったのでーオーラスプレーをヴェースに使ってました。後は前述のヒマラヤのエッセンスや恐怖とショック系のレメディを使ってました。それにクラブアップルのコンビネーションのレメディも七月のときよりもさらに重要視して使いました。

中旬から下旬ー
マスターズエッセンス、コーンブロッサム。マウントフジ、サクラ、シロバナタンポポ

前述の因みたいしてもっと強いものを選ぶということでセラトーなどと共にコーンブブロツサムという災害などのつよいショックに対するトラウマ、影響からの脱出のレメディと強い癒しのレメディであるサクラ、意味どうり、そして、自分の感覚ないでは父性的な先祖の供養の為のシロバナタンポポのコンビネーションを使いました。どうじ影響からの防御であるガ-ディアン、本質からのコンサセンスを発揮させていってくれるセラト-とともに強い因みによるショックとトラウマの時期でもクリエイトのレヴェルを下げることなく行うことができました。後クラガ、ブルードラゴン、ハイドゥンスプレンダ-の強力な覚醒のエッセンス、とクラブアップル、チェスナットバット、ホワイトチェスナットのコンビネーションとピュアなアーモンドエッセンスをだしてもらい主に使っていました。

九月初頭ー
ヒマラヤエッセンス、クラガ、クリスタルハーブ、ハラのコンビネーションとイルカ(dill)

強い変化のエッセンスであるクラガと、ハラのチャクラに影響し自分の神聖な使命を思いだすというエッセンスのコンビとイルカのエッセンスによりすでにクリアしていた日常的な感覚のヒーリングから七月から八月のクリエイティビティの本来の力との繋がりを強く、ダイレクトにしていく、すでに持っているものを真実に目覚めさせていくということから今飲んでいるワイルドフラワーのアンティセプティックのコンビ-ネ-ションエッセンスとともにあるということにより本当の魂のよみがえりへと向かっていってます。心の蘇りへと。

→体験談 / →過去の体験談1 / →過去の体験談2 / →過去の体験談3 / →過去の体験談4